2021年科教協第67回全国研究大会福島大会の開催を2021年4月に判断します

■■科教協委員会からのお知らせ■■

2021年科教協第67回全国研究大会福島大会の現地開催かWeb開催かを2021年4月に判断します

科教協委員長 丸山哲也

 科教協委員会は、新型コロナウイルスの感染防止ために延期した福島大会の2021年開催に向けて準備を進めています。

福島の地に集い、東日本大震災と原発問題について考えていくことを開催目的のひとつと、科教協委員会は考えてきました。そこで、会場が確保できるようであれば、福島に集まり大会を行いたいと準備しています。しかし、未だに新型コロナウイルスの感染拡大が収束する見通しはありません。

そこで、科教協委員会は円滑な大会開催を進めるために、福島での現地開催かWeb開催かを、4月の科教協委員会で判断することとしました。福島で開催するとしても、これまでと違う形式での開催となることが考えられます。Web開催となれば、多くの検討すべき課題があるでしょう。

会員のみなさまも困難な状況にあると思いますが、2021年の全国研究大会福島大会に向けて、授業計画をつくり、実践を記録して、大会への参加準備をお願いします。科教協委員会も福島の現地実行委員会とともに、大会開催に向けて全力を注ぎます。

会員のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

お知らせ

Posted by kakyokyo_web