プレイベントをやろう!!

 5月19日(日)花巻市文化会館で、夏の全国大会の宣伝もかねて、「実験の楽しさ」を子どもにも大人にも先生方にも体験してもらおうとプレイベントを企画しました。
 花巻市ほか近隣市町村教育委員会の後援をいただけたので、花巻市内の小・中学校には、1クラス3枚のパンフレットを、教育委員会から各学校に配布していただきました。
 一般公開に先だって、午前中には各出展者から出展内容の紹介が行われました。25ブースの出展者が、一人5分ずつ10時から12時まで行いました。一般公開が始まると、出展者は身動きできなくなり、ほかの展示を見たくても見ることができずに、終わってしまうことに配慮した企画でしたが、出展者がどんな点を工夫しているのか、どうしてこの実験に興味をもつようになったのかを知ることができてとても好評でした。

※ 高木先生の雷実験に先生たちもビックリ! 静電気とエネルギーを感じようコーナー

村上さん(新潟)は、「石がわかるたのしさ」を話してくれました。

※ こんなにきれいでしょ!!「石がわかるたのしさ」コーナー
 「私地学大嫌いでした。石の名前がわかったってしょうがないし、つまんない。それを生徒に強いることに罪悪感すら覚えていました。それが、新潟に行ったら石って結構面白いじゃない。糸魚川のラベンダービーチで石拾いしていると学生が寄ってきて、『先生これもらっていい?』って聞くんです。『ああいいよ』って答えるんだけど、『これ素敵でしょ』、種類なんかわからなくたって、きれいだとかなんかいいなと思ってもらえば、それだけでいいと思っています。
 ラベンダービーチでこれだけの種類の石が拾えるんです。波に洗われて、とてもきれいなんです。美しいな、面白いなと思ってもらえるだけで良いと思っています」と新潟のとても美しい石を見せてくれました。

お困りリクエストコーナーも

 顕微鏡で小さい生物を観察しようのコーナーは、小学校の先生から、いまだに顕微鏡の使い方がよくわからないので、顕微鏡のコーナーをつくってほしいというお困りリクエストがあり、やることになりました。いざやってみると大人気のコーナーとなりました。

※ ボルボックスやミジンコなど小さな生物がいっぱい 手軽に観察できる方法を教えてくれました!! 「顕微鏡で小さな生物を観察しよう」コーナー

いよいよ一般公開!!

 入場者には、大人用、子ども用、教員用のワッペンを貼っていただき、なくなったワッペンの数で入場者数をカウントしました。その結果大人75名、子ども67名、教員15名で入場者数は157名でした。出展者31名、実験のお手伝いをしてくれた大学生3名、高校生2名、中学生5名を加えると41名です。受付係2名と記録係2名を加えると合計は202名になり、目標達成できました。

■たくさんのワクワクで いっぱいの「花巻市文化会館中ホール」
 岩手では多くの学校が運動会を終えた5月19日、宮沢賢治の花巻農学校跡地に立つ「花巻市文化会館中ホール」は、お客さんでいっぱいでした。開場時間前にお見えになる家族もいらっしゃり、楽しみにしていただけ、とにかくうれしかったです。
 見たい!触りたい!やりたい!ホールにあふれるそんな気持ちに応えようと、25の出展者の皆さんも汗だくになっていました。


■迫力の実験  新しい技術体験も!
 会場入ってすぐ、「静電気とエネルギーを感じよう」のコーナーでは、岩手大学の学生さんが10万ボルトの迫力ある実験に、大人も子どもも釘付けになっていました。

※ すごい! ほんとに雷だ!! 「静電気とエネルギーを感じよう」コーナー


※ 大学生もお出迎え 頭に風船いっぱいつけてるよ

■小学生
 雷の実験が面白かった。煙が一気に晴れるのがすごかった。雷はただ怖いだけだ、ひとを怖がらせるだけだと思っていた
が、そういう役割があると言うことに驚きました。
 この日が来るのを、指折り待ちしていました。実験が大好きです。学校の理科クラブの先生がチラシをくれたのがきっか
けです。裏を読むとたくさん実験が載っているので、とても楽しみなりました。今日はいろいろな実験ができて楽しかった
です。今度はもっと実験があるというので楽しみにしています。

■VR体験コーナー
 青森の相馬さんは、VRを理科の授業に活用してみたい、どんな方法があるかを模索中で、まず体験してみることが大事ではないかと話していました。

 その配布されたパンフレットを見つけたパトリックさんは、自分自身で陸前高田の景色をドローンで撮影し、VR体験できる自作映像を紹介したいと飛び入り参加してくれました。パトリックさんの映像には、行列ができて大人気でした。

※ ALTとして働きながらVRを研究しているパトリックさん。飛入参加。

 「私は大学でITを学んできたので、テクノロジーが大好き。英語助手の仕事をしながら、自分でもVR の勉強を続けているし、今日のPCなどの装置も自分で組み立てた。それから、陸前高田だけでなく、姫神山や大迫などの景色をコンテンツとしてためるているし、これからも増やしていくつもりだ。今日は学校に来たチラシを読み、ぜひ1自分も参加したいとメールをしました。今日は、VRをやってみたい子どもたちに紹介できてよかった。私はVRを生かして岩手の素晴らしい景色を大勢の人に見せたいと思っている。」

■満員でも中高生の応援で大成功!
 のびのびスライムやはずむシャボン玉のコーナーは予想通り小学生たちでいっぱいに!でも、中高生の皆さんが助手として活躍してくださったおかげで、大成功へ。薬品の準備調合や予備実験や事前練習までやってきてくれたそうです。

※ 量が大切です なるほど 「のびのびスライムをつくろう」

《感想から》たくさんの人が来てたいへんだったし、適量にするなど小学生に教えるのに苦労をした。でもたくさん教える経験をしてよかった。小学生が成功すると自分もうれしくなった。小さい子にすごいなど言われて、反応をもらえることが楽しかった。  (中学生)

■まわってみると、おもしろいこと 大発見!
 力作ぞろいの25のコーナー。回り始めると新しい体験が待っています。この経験が、きっと次の興味につながることでしょう。


※ さわれるけど、さわれない! どうして? 「虫めがねでできる実像をつかんじゃえ!」コーナー

《感想から》ありがとうございました!!
 こういうイベントがあることを初めて知りました。先生方が楽しそうに説明している姿がある意味面白かったです。理科好きは、みんな同じ気持ちだなあと思い、私も楽しませていただきました。理屈ではなく、実験の結果を直接体験して、自ら「なぜだろう」と感じることができるこのようなイベントはとても素晴らしいと思います。先生に学生さんがいたのもよかったです。ぜひ継続していただけたらいいなと思います。ありがとうございました。(新聞記事を見て参加しました)

※ こっ、これって生きてるの?! 「粘菌を見てみよう」コーナー

感想文を書いていただきました

入場料が無料ってスゴイ!! 神山颯馬(9歳)
 いろいろな楽しい遊び物がたくさんありました。楽しいおもちゃなどたくさんもらいました。たくさんの物を見ました。遊びました。作りました。たくさんのふしぎな物を見ました。たくさんの色々なもので遊んだりしました。たとえば、1円玉が、電流でふきとんだり、かみなりを静電気でつくりました。風船をもらったりしました。今日はふしぎな物を見ました。楽しい物で遊びました。またこんな楽しい体験ができるならば、またこんなふしぎな楽しいけいけんを何回もしたいです。今日こんなに楽しいけいけんができて、ぼくは今とてもまんぞくしています。こんなけいけんはめったにできないと思います。ただし、家でできる物も少しはあると思います。家でしゃぼん玉をつくったり、ブーメランをつくったり、スライムをつくったり、家で作れる物がたくさんあります。でもここにある物はほとんど家では作れないかもしれません。ここで何万年何億年前もの時代の化石が見れたりして、ぼくは今日たくさんの昔にあった化石生き物にあいました。こんなにすごい物にあえるのに入場りょうがむりょうなんてとてもいい所だと思いました。また来たいです。(学校でパンフレットを見て来ました。)
理科の実験は子どもの心をかきたてる(匿名)
 活気ある会場でした。来場者がいかに身近な自然を活用した実験に興味をもっているのかを示していたと思います。
 私は現在特別支援学級を担当しています。子どもたちをひきつけて夢中になってやり続ける姿がみられる教材を捜していました。そんな時に、学校に配布されたパンフレットを見て、子どもたちがすてきな出会いのできる教材を求めてまいりました。期待を上まわる教材に出会うことができました。また来場した児童や生徒たちが生き生きと実験に取り組む姿を見て、理科の実験がこどもの心をかきたてることを実感しました。残念ながら学校は多忙を極めています。私が所属する学校は生徒指導上の問題を抱えています。(特別教室に鍵をかけます。)だからこそ、理科の活用と探究の領域に位置づけられる今回の「“科楽”お祭り広場」の実験は、あの子ども達に伝えてみたいと思わせる素晴らしい教材だったと思います。

イベントを終えて

 ある年配の方は、「このような先生たちに授業してもらっていたらもっと理科が楽しかったのに」と話していました。その方は、「みなさん 楽しそうにやっているね」とも言われました。理科が好きな人の集まりということを感じ取られたのでしょう。
 科学教育研究協議会の研究会に参加して、私はいつも同じことを感じます。授業の実践発表でも、実験紹介でも発表する先生が実に楽しそうなのです。自分の工夫がどこなのか、それに対して生徒たちの理解の仕方はどうなのか、以前教えていた時よりも、生徒たちがよく理解してくれたよと、少しずつ少しずつ授業のやり方が進化していきます。この自分自身が少しずつ変わっていくことを感じとるから楽しくなるのだと思います。そんな楽しそうな表情を満ちるだけで、楽しくなってしまうのです。
 実験の場合は、子どもの驚きが目の前に現れるので、これはやめられません。この楽しさを求めて、遠くは広島、北は北海道から集まっていただきました。楽しくなければ、はるばる来ませんよね。実験紹介した方も、実験を体験された方もみんなが笑顔になり、みんなが元気になりました。
 8月には、全国から60人以上の実験名人が集まります。若葉小学校体育館いっぱいに繰り広げられる実験ショーがとても楽しみになりました。
 みなさんありがとうございました。

(記録 佐竹良隆 高橋匡之)  

🧪♪ 案内チラシpdf   会場アクセス:和洋国府台女子中学高等学校
2024-06-29ちば


2024-06-29ちば

アクセス
バス*JR「市川駅」北口 京成バス①番(松戸車庫行き約8分)
  *JR「松戸駅」西口京成バス①番(矢切駅・国府台病院経由市川駅行き約20分)
  *北総線「矢切駅」京成バス(市川行き 約7分)
   ※ どのバスも和洋女子大前で下車。
徒歩 京成「国府台駅」より10分。
  ※ 車で来られる方は、メールで事前に車のナンバーをお知らせください。
   折り返し、駐車場の場所をお知らせします。
   事務局:堀しづ子 psjkj916(あっとまーく)ybb.ne.jp

弁当注文ページこのページの申し込み期間は6月1日から7月10日です。
発表なしの方は事前申し込みは必要ありませんが、スムーズな受付のために事前申し込みや参加費の振り込みをお勧めします。
自動返信メールが届かない、失ったなどのトラブルや、ご都合によるキャンセルなどは「その他 お問い合わせ・連絡フォーム」からご連絡ください。
大会開催要項は WEBで見ることができますが、冊子版もこのページで注文できます。 お弁当は7月31日までに別ページでお申し込み下さい。

    1.お名前、連絡先、参加費、大会要項

     ※ 氏と名は 空白を入れて分けて下さい。

    連絡先: ※ 連絡をメールでとらせていただきます。 電話は緊急時にのみかけさせていただきます。
     
     

     参加費   ・・・ "科楽"お祭り広場のみの方は無料です。
    ※ 参加者を次のように AとBに分けて設定しています。 あてはまる項目をお選びください。
     【A】科教協会員、岩手県在勤・在住の方、後援団体会員の方  【B】Aにあてはまらない方  
    ※ 7日サイエンスファンタジー、8日、9日分科会のうち いずれか2日間参加する方は、全日程扱いになります。
    選択:   
    大会要項 冊子の要否:   ← 冊子ご注文の方は、参加費に500円を加算し7月15日までに振り込んで下さい。

      分科会での発表や出展などの予定のない方は、このページ最下段の「4.内容の送信」へ進んでください。

    2.エントリー内容 ※ それぞれ、あてはまる項目にチェックとご記入をお願いします。

    (1) 分科会での発表
         レポートの表題:0 /20文字以内
     発表の要旨(0/200字以内)

     分科会で検討してほしいこと(0/200字以内)

     要望事項  ※発表希望日、プロジェクタ使用、水使用有無 等のご希望がある場合はご記入ください。※火気は使用不可(理科実験室のみ可)です。    



    (2) “科楽”お祭り広場への出展   
     出展名(20文字以内)
     団体の名称や代表者名
     主な対象者(複数選択可)
     出展内容の概要(0/100字以内)

     その他  の使用    電気の使用
     販売を予定されている方は簡単に物品名をお書き下さい(任意)


    (3) わくわく+プラス   
     題名(20文字以内)
     団体の名称や代表者名
     発表日の希望   使用するものにチェックを入れて下さい→  
     発表内容概要(0/100字以内)



    (4) 軒下バザールの無人出店   
     出店される方は、必要な長机の数と無人店名の内容を必ず記入して下さい。

    3.その他

    ※ 以下は任意です。何か必要なことがある場合は簡単にお書き下さい。
        

    4.内容の送信
     ご記入の内容を今一度確認されて、送信ボタンは1回だけ押してそのまま少し(数~10秒程)お待ちください。受付番号が表示されます。

    * 送信ボタン →  正常に送信されると、ご記入内容や振込先を記した自動返信メールが届きます。ご確認下さい。

    ※ 時間をおいて何回かやっても正常に送信できないエラーがでる場合、携帯やタブレットから、またはブラウザを変えるとうまくいくことがあります。
    ※ 解決しない場合は、お手数ですが「その他 お問い合わせ・連絡フォーム」からご連絡をお願いします。
    ※ 特にGmailをお使いの方へお願い >>> 自動返信メールが、迷惑メールフォルダーやごみ箱に入っていることがあります。

    8月7日(水)8日(木)9日(金)の昼食「お弁当」の注文を、各100食まで事前に受けつけます。1食お茶付き900円です。
    当日会場での弁当販売はありません。会場付近には食堂やコンビニは少ないので、ご入り用の方は早めにお申し込み下さい。
    お弁当をご希望の方は、以下の注意をお読みになって、フォームにご記入下さい。また、代金は事前振り込みをお願いいたします。
    振込先はゆう貯口座です。申し込まれた際に届く自動返信メールにてお知らせします。  :内容は日替わりです。このページの写真見本と同じではありません。

    【注文のご注意】
    • 注文できる日の最終〆切りは 7月31日です。これ以降は注文できません。
    • 代金は1食税込み 900円です。お茶つきです。メニューは日替わりですが選べません。
    • 各日とも100食に達した場合、その日の分は 31日以前にしめ切ることがあります
      その場合このページでお知らせします。 
    • 現在、分科会会場が決定していませんが、分かり次第このページでもお知らせします。
    • 注文フォームでは、チェックボックスに レ 点を入れることにより、3日間のうちの必要な日と数を選べます。
    • 複数日にチェックができます。
    • 1日分としてご家族やグループの人数分がほしい方は、チェックボックスの該当する欄にお間違えのないようにチェックを入れて、合計金額をお振り込み下さい。
    • 数が足りなかったり、追加をご希望の方は、再度このページでお申し込み下さい。
    • 作ってくれるお弁当屋さんは「ヤマヨおばら」(花巻市)です。
    【注文後】
    • フォーム記入で注文が正常に終わると、ご記入いただいたメールアドレスに注文内容が自動返信メールで届きます。
    • メールには記入された内容や受付番号、代金振込先などが記載されています。メールアドレスはお間違えのないようにして下さい。
    • お弁当の受けわたしは、初日は若葉小学校の受付で。2日目・3日目は 小中それぞれの会場受付にて 11時半からの予定です。
    • 「お名前」をおっしゃってお受け取りください。
    • 分科会の会場が2カ所に分かれていますので、10時30分ごろに各分科会で注文された方の人数と数を確かめ用意します。
    • 午前中の分科会に来られない方でお昼のお弁当をお申し込みをされる方は、必ず参加される分科会名とお名前を「備考」欄にご記入下さい。会場ごとに必要数を用意するためです。
    • 7月31日までならばキャンセルは可能です。その場合、必ずコンタクトフォームからご連絡ください。
    • 特にGmailなどでは、返信メールが迷惑メールフォルダーに分類されていることがあるのでお確かめください。
    ■ 注文フォーム




      <お弁当注文日と数> <必須> ・・・・グループやご家族のために、1日4食以上の方は、このページで複数回お申し込み下さい。
       8月7日(水):
       8月8日(木):
       8月9日(金):

      <受け取り会場>
      ※ 現在、分科会会場が確定していませんが、「1)幼児・小学校低 2)小学校中 3)小学校高」は若葉小学校で、「4)物 5)化 6)生 7)地 8)障 9)自然と社会10)教員養成」は花巻中学校を予定しています。決まり次第お知らせします。
       8月7日(水): 初日は、“科楽”お祭り広場の会場(若葉小学校)受付のみです。
      受け取り「予定」の会場を選択してください (最終的には当日10:30に各分科会で数を確認します)。
       8月8日(木):
       8月9日(金):

      【備考】 午前中に分科会へ参加できず、昼に直接お弁当がほしい方 は、その旨、受け取り場所を指定する、あるいは「分科会名・お名前」をこの下の枠の中に記入して下さい。

        ※ アレルギーへの対応はできかねますので、各自ご判断されて注文して下さい。

          

              (確認画面はありません)

      申し込み >> こくちーず またはメールにて。

      🧪♪ 案内チラシpdf    会場アクセス:昭和町立西条小学校
      山梨21th春の理科Fes

      山梨21th春の理科Fes


      申し込み >> こくちーず またはメールにて。

      入門講座に参加されたご感想をお送り下さい。
      頂いたご感想やご意見は、今後の活動に生かしていきたいと思います。

        (1)お名前(無記名も可)

        (2)メールアドレス ※ 必須項目で、ご記入の内容がこのアドレスに自動返信されます。

        (3)内容について:

        (4)参加されたブレイクアウトルーム(複数選択可)

        1.

        2.

        3.

        4.

        (5)ご感想

        ご記入ありがとうございました。よろしければ、以下もお答え下さい。
        ・今回の催しをどのように知りましたか?(複数選択可):

        ・地域:
        ・所属(元も含む):
        ・経験年数:
        ・科教協会員
        ・『理科教室』について:

        上記の内容でよろしければ、下のボックスにチェックを入れて「送信」ボタンを押して下さい。

        ※ 午前・午後とも 事前の申し込みは 必要ありません。どうぞお気軽にご参加下さい。
        2024-5-19花巻