理科教室 2022年9月号(No.813)
理科教室 2022年9月号(No.813)

Contents     2022.9   No.813 Vol.65  No.9

巻頭エッセイ   感性は理性を生み、理性は新しい科学を生む  山矢 昌 ………… 表2

巻頭口絵 生きた教材で学べる植物園 咲くやこの花館(大阪)  田中 彩子 …………… 02

ここがポイント!理科の授業

小学校6年 生物どうしのつながり  大関 東幸 …………………………………… 08

実践記録 小学校4年 電気のはたらき  玉井 裕和 …………………………………… 12

中学校3年 対話を中心に行う落体運動  手塚 博紀 …………………… 21

大学 学生と創る「変動する大地」2022 鈴木 邦夫 ………………… 28

特集 イオンの授業をどうつくるか

主張     イオンの学習からより深い物質理解へ  箕輪 秀樹 …………………… 36

中学校・高校のイオンの授業づくり  小松 寛 …………………………… 37

「原子」と「イオン」の存在を土台に物質の世界を知る  菅原 正志 ……… 44

ボーアの原子モデルで系統立てた化学の授業  奥田 雅史 …………… 50

感性から論理への転換と原子、イオンの学習  堀内 和徳 ……………… 56

イオンと分子の違い  山本 喜一 ……………………………………………… 63

視点 学習指導要領の変革を目指して4「小学校6年 生物分野を検討する」  石渡 正志 … 71

実験・観察 サザエを解剖して、軟体動物・腹足類の体のしくみを学ぶ   渡辺 採朗 … 80

行ってみよう科学探険 横倉山自然の森博物館(高知)  宮地 萌 ……………………… 86

読者のひろば …………………………… 88

理科サークル東西南北 …………………… 90アオバト1

科教協だより 吉埜 和雄 ………………… 91

読書室『はっけん!オタマジャクシ』………… 92

読書室『なぜ力学を学ぶのか』……………… 93

教育情報「教員養成の新しい必修科目『総合的な学習の時間の指導法』」 北林 雅洋 …94アオバト2

次号予告・編集後記 ……………………… 96

原稿募集………………………………… 55

 

<写真解説> 群れで身を守るアオバト(青森県深浦町千畳敷海岸)

アオバトはハヤブサを警戒し用心深く林の中に隠れています。4~5羽の偵察隊が林から海岸まで飛んで一回り。これを数回繰り返して 200羽ほどの群が一斉に海岸の岩場に向かいます。岩の隙間の海水を飲んだり、海水に頭を突っ込んだりしてすぐ林に帰ります。海岸はハヤブサには良い狩場で、犠牲も出ます。危険を冒してまで海水を飲む理由は、親鳥が雛に与える鳩特有のピジョンミルクに必要なミネラルを補給するためではないかと考えられています。(表紙ともに 写真・文 小林‌孝雄)

→【AR対応画像】あり。 使用法は P.96 をご参照ください。

物理分科会
 「科教協物理分科会の部屋」はこちら
8月10日(水)
13:00~14:00 「電位を導入した中学電気回路の授業 」 KK(東京)
14:10~15:20 「「回路カード」を活用した電磁気分野の実験 」YM(兵庫)
15:30~16:40 「全反射 」SN(大阪)
8月11日(木)
13:00~14:00 「方向・向きの異なる2つの力の合成の授業 」 TM(埼玉)
14:10~15:20 「ma=Fの「m(質量)」に出会う授業 」MO(埼玉)
15:30~16:40 「加速度運動で使う教具について 」TM(東京)

教員養成分科会
 「科教協岡山Web研究会 教員養成分科会」はこちら

■8月11日(木)
10:00~11:00「ドイツの自然博物館にみる幼児教育と社会教育の連携・協働-フランクフルト市ゼンケンベルグ自然博物館における生涯学習支援に基いて-」東京 YT
11:00~12:00「5年目の『教職サークル』に向けての課題」東京 KT
13:00~14:00「授業で予想を外した子どもの受け止めについて」京都 ST
14:00~15:00「学生による模擬授業とその効果」新潟 MS
15:10~16:10「初等科教育法(理科)の指導に関する報告」京都 TT
■8月12日
10:00~11:00「手垢に汚れた自分の世界から科学の世界へ」埼玉 IT
11:00~12:00 2日間の総合討論Ⅱ

小学校低・中・高の三つの分科会
次の2日間の午前中の日程で行う計画が進んでいます。
ひとつのZoomのルームに、5つのブレイクアウトルームを開いて、
同時進行で進めるWeb岡山研究会を計画しています。
10月1日(土) 9:10~10:30 提案1、10:40~12:00 提案2
11月5日(土) 9:10~10:30 提案1、10:40~12:00 提案2

他の分科会は確定次第掲載します。

8月11日 10:00~12:00 13:00~16:10
8月12日 10:00~12:00

Web岡山研究会教員養成分科会に参加希望の方は、
生源寺<shohgenjitachi☆kcn.jp> (☆は@に替えて)にメールで申し込んでください。ZoomのURLをお知らせします。

■8月11日
▼10:00~11:00
ドイツの自然博物館にみる幼児教育と社会教育の連携・協働-フランクフルト市ゼンケンベルグ自然博物館における生涯学習支援に基いて-  東京 YT

▼11:00~12:00
5年目の『教職サークル』に向けての課題  東京 KT

▼13:00~14:00
授業で予想を外した子どもの受け止めについて  京都 ST

▼14:00~15:00
学生による模擬授業とその効果  新潟 MS

▼15:10~16:10
初等科教育法(理科)の指導に関する報告 京都 TT

■8月12日
▼10:00~11:00
手垢に汚れた自分の世界から科学の世界へ 埼玉 IT

▼11:00~12:00
2日間の総合討論Ⅱ

岡山大会の開催中止とその後の対応について

2022年7月28日
科教協委員会
岡山大会現地実行委員会

 皆さん、3年ぶりに対面で実施される岡山大会に向けて、準備をされていることと思います。

 しかし、ご承知のとおり、爆発的に新型コロナ感染が広がっています。

 この状況下で開催が可能かどうか、科教協委員会と現地実行委員会で慎重に議論しました。

 その結果、現状では安全・安心な大会運営は保障できず、現地開催は困難であると判断し、その後の対応について検討しました。

 その結果、下記のように対応することになりました。お読みいただき、今後のご協力をお願いします。

1. 岡山大会の現地開催を中止とします。

2. 1に伴い、下記のように対応します。
(1) 分科会は、それぞれZoomを利用して、「Web岡山研究会」として開催します。
詳細は、後日科教協HP、「おたよりメール」などでお知らせします。

(2) お楽しみ広場とナイター、および総会については、改めて科教協HP、「おたよりメール」などでお知らせします。

問い合わせ先:contact☆kakyokyo.org

2022岡山大会 分科会報告の申込一覧を紹介します(7月16日現在)

(1)幼児・小学校低学年(生活科)

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 アサガオの観察記録のやり方について 長野 YM
2 磁石でたんけん てつさがし 東京 KM
3 科学的に事実をとらえながら育った子ども達 東京 KA

(2)小学校中学年

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 タブレットを生かした観察指導 東京 ST
2 小学校4年 電気回路の学習 大阪 TH
3 3年生1学期の生物学習 東京 KK
4 おもさから運動方程式へ 東京 AY
5 物の温度と体積(小4)の授業と実験紹介 東京 TH
6 小3「チョウを育てよう」の授業 和歌山 ST
7 チョウを育てよう 栃木 MH
8 4年電気のはたらき実践報告 埼玉 NM

(3)小学校高学年

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 電磁気学習快速一本勝負「S-cable」 京都 SK
2 小学校の「つぶ」概念をめぐって 東京 KM
3 植物の体と生活 東京 OM
4 ヒトや動物の体 京都 YM
5 物の燃焼 奈良 KT
6 物の燃え方(気体から燃焼に) 東京 MW
7 化学教育への道  高学年編 埼玉 GK
8 空気の中の酸素の割合を求める学習について 福井 HY

(4)物理

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 砂を使った力学の生徒実験  広島 DK
2 箔検電器とフックの法則の1人1実験の実践 兵庫 YR
3 「回路カード」を活用した電磁気分野の実験 兵庫 MY
4 「空気にも質量がある」(中学1年) 栃木 KS
5 熱力学の授業(物理基礎) 千葉 AK
6 v-tグラフを積極活用した力学の授業 埼玉 IT
7 加速度運動で使う教具について 東京 MT
8 単位の扱いを明確に 神奈川 ST
9 電位を導入した中学電気回路の授業 東京 KK
10 方向・向きの異なる2つの力の合成の授業 埼玉 MT
11 ma=Fの「m(質量)」に出会う授業 埼玉 OM
12 全反射 大阪 NS

(5)化学

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 分子概念導入の問題 東京 MK
2 中2「化学」どう展開したらいいのかな? 滋賀 AH
3 ポテトチップスの袋は電気を通すか? 岡山 TS
4 13族元素(B・Ga・In)教材化の試み 広島 ST
5 中高化学教育で大切にしたいこと 京都 SK
6 楽しい課題 岩手 TM
7 「粒子論的物質観」を発展させる中学の授業 東京 IH

(6)生物

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 東京地方のブナ科樹木萎凋病と「植生」の学習指導 東京 TT
2 高校「生物基礎」での生物多様性の学習 千葉 HO

(7)地学

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 南海トラフ巨大地震に備える 兵庫 HI
2 実践報告 地学基礎 天文 東京 YK
3 学生と創る変動する大地2022 埼玉 SK
4 神戸JIBANKUNを活用した地域教材 兵庫 NT
5 中学2年地学・雲のでき方 広島 TS
6 生徒実験を通じて思考力を育む地学の授業 東京 HY

(8)障害児・者と自然科学教育

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 障がい者福祉と砂糖の科学とTikTokと 広島 OH
2 中学校でのオオムラサキ飼育2022 兵庫 KK
3 中学校特別支援学級(知)での理科の指導 東京 ST
4 「空気って、どこにあるの?」 東京 IH
5 植物マスターになろう~畑のめぐみ いただきます~ 東京 HS
6 いろいろなコマづくりを授業に 広島 KY
7 子どもが学校にきたくなる科学教育とは? 岩手 TT

(9)自然と社会

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 戦争と科学-航空工学者 富塚清の科学講演 愛知 TT
2 ぽれぽれlandで創発 京都 NO
3 福島第一原発のトリチウム汚染水について 静岡 SI
4 原発・再処理:学校教育の不足を市民運動で 岩手 IS
5 「私の震災体験」の生徒感想からわかったこと 千葉 ST

(10)教員養成

№ レポート名 都道府県 所属 氏名
1 ドイツの自然博物館にみる幼児教育と社会教育の連携・協働—フランクフルト市ゼンケンベルグ自然博物館における生涯学習支援に基いて― 東京 YT
2 5年目の「教職サークル」に向けての課題 東京 KT
3 授業で予想を外した子どもの受け止めについて 京都 ST
4 実験で楽しむ宮沢賢治・銀河鉄道の夜 石川 SH
5 手垢に汚れた自分の世界から科学の世界へ 埼玉 IT
6 学生による模擬授業とその効果 新潟 MS
7 初等科教育法(理科)の指導に関する報告 京都 TT

2022岡山大会 ナイター 一覧
      2022年8月10日(水)15:30~17:00/8月11日(木)16:30~18:00

(第1日)2022年8月10日(水)15:30~17:00

    講座名 都道府県 イニシャル
1日目 1 科教協の成果に学び、自然科学の授業を創ろう 東京 KM
1日目 2 身近な素材で物理を楽しもう 広島 KD
1日目 3 米沢宝石店の実験 兵庫 TY
1日目 4 簡単手作り実験で「力と運動」を考える 愛知 yi
1日目 5 ファラデーラボの楽しい実験・工作 兵庫 YM
1日目 6 YPC(横浜物理サークル)のナイター 神奈川 ST

(第2日)2022年8月11日(木)16:30~18:00

7 アルキメデスの逆襲 島根 AI 
8 障害児学校・学級の教材作り 広島 岡T
9 実験で楽しむ宮沢賢治・銀河鉄道の夜 石川 H.S
10 (取り消し 7/18)    
11 高校でも到達目標・学習課題方式の授業 埼玉 MT
12 授業ですぐ使える実験器具を作って帰る 岩手 SI
13 授業はドラマだ!これは使える楽しい教材 大阪 SA
14 生活科のおもちゃ作りを科学的な授業に 東京 KA

2022岡山大会 科学お楽しみ広場 一覧
                   (2022年8月10日(水)10:00~12:00)

  出展名 都道府県 イニシャル
1 アルキメデス危機一髪 島根 AI 
2 この静電気プラスかなマイナスかな?静電気判別器 大阪 イッセイ
3 綿菓子製造機最新版など 広島 岡T
4 1千万倍のDNAモデル他 静岡 SI
5 UV(紫外線)チェック試験管づくり 愛知 さとゆた
6 授業を創るための実験。 科教協関連の書籍の販売 東京 KM
7 理科ハウスショップ 神奈川 YM
8 ガラクタ物理実験器具 広島 KD
9 日本列島を語る岩石、フラッシュロック 兵庫 I・H
10 ファラデーラボの楽しい実験・工作 兵庫 YM
11 電磁気学習快速一本勝負「S-cable」 京都 pascal
12 科学ボランティアセンターの活動紹介 岡山 S. T.
13 終活のため教材・教具の処分 広島 T・S
14 米沢宝石店 兵庫 TY
15 書籍紹介と簡単力学実験 愛知 yi
16 太陽系を中心とした天体を教える教材の紹介 山形 S.S
17 ワクワクする教材・教具紹介 京都 N.O.
18 在庫処分セール(書籍) 岡山 S.U
19 鉱物と元素の展示 埼玉 G
20 実験器具の紹介、販売 栃木 KS
21 コメ粒標本をつくって観察しよう 岩手 MT
22 京南雑貨店 京都 YM
23 地球時計・木炭・実践記録集の紹介と頒布 東京 M.T
24 授業に役立つ物理実験教材の紹介 埼玉 TI
25 立体模型を作ろう 福井 Y.H.
26 表面張力 その他 東京 M.T.
27 YPC(横浜物理サークル)の楽しい教材 神奈川 ST
28 授業ですぐ使える実験器具実費頒布 岩手 SI
29 ミョウバンの結晶 ほか 和歌山 ST
30 理科実験教材展示・販売 (株式会社ナリカ) 大阪 AH

理科教室2022.08理科教室 2022年8月号(No.812)

巻頭エッセイ 批判・異論が豊かに飛び交う授業を 木村哲郎 表2

巻頭口絵 ようこそ、岡山県自然保護センターへ! 池本茂豊 02

ここがポイント!理科の授業

 小学校4年 星の学習~先生もひとみを上げて~ 井本彰 08

 小学校5年 花と実 丸山哲也 12

実践記録 中学校・高校 津波から命を守る意識を向上させる教育実践 小野寺弘幸・佐々木さやか 16

特集 防災地学教育は知るところから

主張 科学的知識を身につけ減災に通じる行動を 鈴木邦夫 20

1 東日本大震災に見る「防災地学」教育の重要さ 齋藤徳美 21

2 防災・減災に向けて子どもたちが考え提案する授業 北林雅洋 28

3 HOH理科サークルが考える防災教育 鍛治裕之 34

4 岩手・青森の防災地学教育 高橋匡之 40

5 地域に根づいた防災教育を─新潟県ではどう進めるか─ 和澄利男・北村泰・池田竣・渡邉紗耶・村上聡 48

6 中央沿線理科サークル座談会 地学の授業は地域の防災を意識して 阿久津嘉孝・掃部条二・鷹取健・久富悠生・堀雅敏・町田智朗 54

7 理科教育がになう防災の視点~科教協ヒロシマより~ 田中新治 61

8 南海トラフ巨大地震に備える 觜本格 66

9 南海トラフ地震に備える地学教育 上久保廣信 72

理科教師日記 ストロー笛をつくって鳴らそう!! 高橋匡之 78

視点 「メタバースの教育への活用」に異議あり 鈴木健夫 83

行ってみよう科学探険 大阪科学技術館 松本尚子 84

読者のひろば 86

理科サークル東西南北 88

科教協だより 永井茂治 89

読書室『タコとイカはどうちがう?』90

読書室『数学記号を読む辞典』 91

教育情報「教員免許更新制度廃止その後」 小佐野正樹 92

科学教育研究協議会全国研究大会・岡山大会ご案内3 94

次号予告・編集後記 96

情報ボックス 82

→【AR対応画像】あり。使用法はp.96をご参照ください。
----------------

編集:科学教育協議会
発行:本の泉社

お知らせ:コロナウィルス感染拡大により、残念ですが大会は中止になりました。詳しくは別記事をご覧下さい。

 7月になり、新型コロナウイルス感染が、全国的に広がっています。このような中で、開催への心配をしておられる会員の方もいらっしゃると思います。
 科教協委員会・岡山大会実行委員会では、7月委員会において、次のように決定しました。
○ 原則対面開催を実施する。
○ 開催を中止するのは、
1 岡山県に蔓延防止等重点措置が、発出されたとき。
2 岡山理科大学から開催中止の依頼があったとき
3 科教協委員会・実行委員会が、開催困難と判断したとき。
 これからの開催についての連絡は、科教協HPと科教協おたよりメールになります。それぞれ、ご確認くださるようお願いします。

大会参加は当日受付で可能です。事前登録の必要はありません
分科会発表、科学お楽しみ広場出展、ナイター発表には、事前申し込みが必要です。

 「科学お楽しみ広場」一覧はこちら(7月15日掲載)
 「ナイター」一覧はこちら(7月15日掲載)
➜ 分科会報告一覧はこちら(7月16日掲載)

討議資料や実験道具の送付先について、訂正しました。下記に記載しています。(7月10日追記)

科学教育研究協議会  第68回全国研究大会岡山大会のご案内

この案内のダウンロードはこちら)案内(3)の訂正版です(7月3日掲載)

主催 科学教育研究協議会

共催 岡山理科大学、岡山理科大学科学ボランティアセンター

後援……岡山県教育委員会、日本地質学会、日本地震学会、日本化学会、日本物理教育学会、
    日本物理学会、日本科学者会議、公益社団法人日本地球惑星科学連合
 この研究大会は、自然科学教育に関心を持つ人々、および研究・交流を望むすべての人々を対象にした研究会です。どなたでも自由に参加し学び合い、発表や発言をすることができます。

大会テーマ  自然科学をすべての国民のものに
   ~子どものわかり方に沿った授業で、楽しくわかる理科教育を~

大会日程  2022年8月10日(水)、11日(木)、12日(金)
     科教協2022岡山大会日程表

会  場  岡山理科大学岡山理科大_案内地図
     岡山県岡山市北区理大町1− 1
      最寄り駅・JR岡山駅またはJR 法界院駅
     (法界院駅は岡山駅から1駅目、そこから徒歩約20分。バス利用の場合は、岡電バス「47 岡山理科大学」行で約20分、岡電バス「37 理大東門」行で約30分、タクシー利用の場合は約15分です)

※大学の駐車場は、使えません。
 岡山理科大学キャンパスの案内地図はこちら 

参加費
   科教協会員 4,000円、未会員 5,000円、岡山県内教員 4,000円、
   1日参加は 2,000円、大学生・大学院生は無料。科学お楽しみ広場は無料です。

大会内容

◎科学お楽しみ広場*8月10日(水)10:00 ~ 12:00

 ► 自然科学の基礎を楽しく理解できる実験・観察・ものづくりの紹介をはじめとして、 理科の教材・教具の紹介、使い方の実演、理科授業づくりの交流などを行います。

 ► 参加者は、各出展を自由に回り自然科学や理科教育に関する様々な体験ができます。

◎はじめの全体会*8月10 日(水)13:00 ~ 15:00

 ► 開会挨拶 竹本健一 岡山大会実行会委員長

 ► 基調提案 丸山哲也 科学教育研究協議会委員長

 ► 記念講演 山本俊政さん 岡山理科大学准教授
   「海水に依存せず、立地条件に限定されないFish Factoryの社会実相について」

◎月刊誌『理科教室』読者のつどい*8月11日(木)12:10 〜 12:50

◎分科会 8月11日(木)9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 16:00
     8月12日(金)9:00 ~ 12:00

 ► 次の10 分科会を行います。レポート数や内容によって分散会に分かれる場合も。
  ①幼児・小学校低学年(生活科) ②小学校中学年 ③小学校高学年 
  ④物理 ⑤化学 ⑥生物 ⑦地学 ⑧障害児・者と自然科学教育 
  ⑨自然と社会 ⑩教員養成

 ► 所定の申し込みをすればレポート提案は誰でも可能です。みんなで学び合いましょう。

◎ナイター 8月10日と11日の分科会終了後に予定します。
 ► 授業や実験・教材で工夫したことや研究成果、自然や科学について発表する自主講座です。

◎おわりの全体会 8月12日(金)13:00 ~ 14:20
 ► 科学教育研究協議会総会 科教協の研究・運動方針を話し合う大切な総会です。
 ► 閉会行事 次年度の全国研究大会開催地「埼玉」への引継ぎセレモニー等を行います。

◎岡山理科大学恐竜学博物館見学ツアー 8月12日(金)14:40 〜 15:40
  ~学芸員の方が案内する予定です~

申し込みの方法

◎提案無しの方の場合、事前申込は必要ありません。現地で、当日の参加申込です。

◎提案有りの方・Web経由で申込む場合(分科会、お楽しみ広場、ナイターの提案・発表)

 ► 申込期限:分科会提案のみ7月10日まで延長しました。お楽しみ広場、ナイターの提案・発表は締め切りました。(7月1日追記)

 ► 申込方法:科教協HP(https://kakyokyo.org)に設定した「岡山大会参加申し込みフォーム」から「エクセルデータ」をダウンロードして必要事項を記入の上、次の専用メールアドレス(taikai2022☆kakyokyo.org)に送信しください。(☆は@に替えてください)
  確認メールを返信します。
  返信がない場合は、メールで問い合わせてください。(uneken☆mx1.kcv.ne.jp)(☆は@に替えてください)

◎提案有りの方・文書郵送で申込む場合
   本誌p 95「発表等申込用紙」をコピーなどしてから必要事項を記入し、同ページ文末の宛先へ送ってください。

分科会発表討議資料(レポート)について

・発表は一人1件です(多くの人に発表の機会を保障するためご了承ください)。

・討議資料は、司会者会議用15部、分科会発表用30部、合計45部を用意してください。
 資料作成は個人情報に配慮し、児童・生徒の氏名は消すかイニシャル等にしてください。

・ 討議資料のうち司会者会議用15部は、大会初日(8月10日)の12時までに、大会受付の「科教協委員会窓口」に提出を願います。

・ 討議資料等を事前に送る方へ 要項や『理科教室』記載の送り先を下記に訂正します(7月10日追記)

すべての荷物の宛先は以下の通りです。  時間指定 8月9日午前中

〒700-0005 岡山市北区理大町1-1 岡山理科大学庶務課 気付 科教協様
          電話 086-256-8431(代表)

宛先の後に、送付内容物を、次のようにいずれかを明示してください。
 司会者会議用資料/分科会資料/広場/ナイター

 ヤマト運輸の配達時間帯指定のあて先ラベル記入例はこちら(PDF)

・ 大会報告集を作成します。報告集資料はメールに添付して、次のメルアド宛へ8月20日までに送付してください。この資料をメール添付送信できない場合は、受付の科教協委員会窓口にCDに保存か、または印刷物で提出をしていただいても結構です。

 報告集用資料(レポート)データ送信先:report-shu2022☆kakyokyo.org(☆は@に替えてください)

昼食について
 岡山理科大学が夏季休業中のため、学内の食堂、コンビニは営業していません。
 また、近くには食堂やコンビニもありません。各自ご用意をお願いします。

宿泊について  斡旋はありません。早めにご予約をお願いします。

問い合わせ  下記へ、メールで連絡ください。
 岡山大会実行委員会事務局長 釆女 詠一 uneken☆mx1.kcv.ne.jp(☆は@に替えてください)
(☆は@に替えてください)

大会参加だけなら、当日に大会受付で申し込み可能です。分科会発表、科学お楽しみ広場出展、ナイター発表には、事前申し込みが必要です。

科教協 全国代表者会議

日時: 8月9日 18時から19時半まで  
場所: 岡山理科大学 B-0512(B5号館1階2号室)
内容:・全国大会岡山大会について
   ・科教協の研究運動・組織運動について
   ・若者の一言 科教協への期待、他

プログラム
1 はじめのことば
2 科教協委員長あいさつ
3 岡山大会実行委員長あいさつ
4 ブロック別自己紹介
5 協議
6 おわりのことば